ねぶた祭り はねと - 夏祭り 2013 カレンダー

スポンサードリンク

ねぶた祭り はねと

ねぶた祭りといえば、ねぶたばかりに注目が集まりますが
実は、ねぶた、はねと(跳人)、お囃子の三項目が審査基準となっています。

いくらねぶたの出来がよくても、はねと(跳人)が元気がなかったり、
お囃子がちゃんとできていないと、上位入賞はできないのです。

ラッセ〜ッラ〜、ラッセ〜ッラ〜、
という掛け声に、
ラッセラッセラセラ〜
と、答えるというパターンで、飛び跳ねるのがはねと(跳人)です。

実は、このはねと(跳人)、誰でも参加することができます。
最近ははねと(跳人)として祭りに参加するツアーもあったりします。

どうやったら、ねぶた祭りにはねと(跳人)として参加できるのかというと
はねと(跳人)の正装をすればいいのです。

正式には、浴衣に腰巻き、帯、たすき、足袋、ぞうり、花笠ですが、
浴衣+腰巻+帯+たすきでOKです。
レンタルもありますが、セットで3000円台〜5000円台で売られています。
これに、安全ピンで鈴を沢山つけます。
跳ねたときに、鈴の音が沢山するほうがよいのです。

あとは、適当なねぶたの後について、跳ねるだけです。

足元は、跳ねるのに適した楽な靴がいいです。
エアー入りの地下足袋なんかた一番楽です。
(白足袋とぞうりの新品だと、足を痛めてしまいます)

祭りは7時から9時までの2時間。
正直、全工程を真剣に跳ねるのは無理です^^

ねぶたの正装をしていれば、ねぶたに近づいて写真を撮ったりすることも可能♪

私は4回ねぶた祭りに、はねと(跳人)として参加しました。

とにかく、足はがくがく、汗だらけになりますが
楽しいです。

ねぶた祭り キャンプ〜サマーキャンプ場


ねぶた祭りは、8月2日〜8月7日ですが、
7月31日頃から、8月8日くらいまでの間、フェリーターミナル前に
臨時サマーキャンプ場がオープンします。
ここは、ライダーが青森市から借り受けて、自主管理しているキャンプ場です。
基本は四輪はダメですし、祭りに参加することが使用の必須条件です。
受付などはなく、無料ですが、
ライダーでない人は、ちょっとなじみづらいかもしれません。
(徒歩や自転車で参加する人もいます)
祭りがメインなので、跳ね終わってから、銭湯へ行き
それから宴会が始まるので、夜中中にぎやかです。
バイクは常に2〜400台ほど停まっています。


↓知人からお借りしました。昨年の青森ねぶたのライダー跳人の様子です。

URL:http://www.youtube.com/user/nishikawatosou


スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。